ねこ嫁と僕 昔の愚痴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひでの、軒を貸して母屋を取られる^^;








ども、ねこ嫁の夫のひでのです。

ひでのがまだ独り身のとき、同じ部に短大卒のチンチクリンな子が配属されてきました。
まぁ、課が違ったんで、それほど気にとめてなかったんですが(笑)

気にはとめてなかったんですが、なぜか朝の駅のホームでよく会うんです(`・ω・´)
そんなこんなで4月が終わる頃には、通勤中に普通に話すようにはなってました。
とは言っても、プライベートな話ってのはなくて、社内の世間話がメインです

当時のひでの、多忙な部署で、同僚と飲みに行くのも月に1回程度。
しかも、一人の外食がなんか苦手で(笑)
家の近所の閉店間際のスーパーの割引された食材をその日のうちに調理して食う!
って、なんとも独身らしからぬ生活してたんです(/TДT)/あうぅ・・・・
(今思うと、お小遣い使い放題なんだから、お姉さんいっぱいの店とかに行っときゃ良かったσ(^_^;)アセアセ...)

そんな日々を過ごしていたひでの。
GW明けの週末、いつもの様に閉店間際のスーパーに行くと…
チンチクリンな子がパンの賞味期限真近コーナーで難しい顔をしてます

ひでの    「どしたの?明日の朝ごはん探してるの?w」

チンチクリン 「今晩の晩御飯です…」

    へ?晩御飯に菓子パン??子供みたいな顔してるし、菓子パンでもいいのかな?
    う~ん、今日はあんまり好きな「割引食材」残ってないし、
    このチンチクリン連れて飲みに行ってもいいかな(笑)

ひでの    「よかったら駅前の居酒屋に一緒に行かない?おごるし^^」

チンチクリン 「行きます。( ̄∇ ̄+) キラキラキラ~♪」

    駅前の居酒屋で、チンチクリン、
    とても菓子パン1個じゃ足りないほどの食欲で、
    ひとしきり刺身だ唐揚だホッケだなんだと食い続けた後、
    腹が落ち着いたのか、御新香と冷奴を枝豆をつまみながら
    いろいろプライベートなことも話してくれました。

    実家は四国で一人暮らしだとか
    住んでる所がひでのの借りてるマンションの徒歩数分の所だとか
    給料日まで、後一週間以上あるのに、残金が3千円切ったとか(;-o-)σォィォィ・・・

ひでの    「困った事があったらいつでも言いなさい。力になるから^^」

チンチクリン 「はい♪」


まぁ、残金の話をされるとこう言うほかはありませんからね( ̄ー ̄; ヒヤリ

ただ、この一言がひでのの第一の失敗の原因でした

それから、5月6月の月末にはたかられまくり(笑)

1回はたかが数千円ですが、それが月に10回近くになると、貯蓄が減るまでには至りませんが
確実に増加幅が鈍化!

それに、このチンチクリンの顔、明らかにむくみ始めてます^^;

でもね、お金貸してとは決して言わないんですよ…

しかたがないので、食材の現物支給でもしてやるかな?と思ってた7月
いつもの様にスーパーで買い物をして家に帰ると
チンチクリンがマンションの入り口でスイカを持って立ってます^^;

チンチクリン 「食べたくて買ったんだけど、うちの冷蔵庫に入りきらなくて…ここで預かってもらえます?」

    買う前にわかれよ^^;
    君のところの冷蔵庫は、シンクの下に備え付けの1ドアの小さいやつじゃん^^;

ひでの    「あぁ… まぁいいよ^^;」


それから、僕の冷蔵庫、チンチクリンの食材に侵食されていきました…
でも、帰宅時間がチンチクリンよりも遅いひでの
食材取りに行くコールで急いで帰るのがめんどくさくなり、部屋の鍵を渡してしまいました
これが第二の失敗です。
鍵を渡してしまったことで、
ひでのの食材と、ひでのの台所まで侵食されることになってしまいました(/TДT)/あうぅ・・・・

早秋の頃、気がつくと、このチンチクリンは我が家に入り浸り( ̄ー ̄; ヒヤリ

晩秋の頃には、ひでのが休日出勤のときに、近所に住んでる母親が尋ねてきて、チンチクリンと鉢合わせ…
何故かチンチクリンを気に入りノリノリになる母親と、
その話を聞いた父親と兄貴の「ひでの、ちゃんとしろ!軍団」が個別にひでのに説教
「よそ様の娘さんを連れ込んで云々(▼皿▼メ)ノ」って
連れ込んでる訳じゃなく、勝手にいついてるのよヽ(TдT)ノアーウ…

でもまぁ、彼らの言い分もわかります
こんなひでの部屋なんかに居ると、チンチクリンに彼氏が出来ないですもんね^^;

この頃には、いつかれる生活が凄く心地よく、
冬になったら「もう来ないほうがいいよ」って言おうかなぁとか… ズルズルやってったんです(笑)

冬に入って、帰宅した夜。
部屋は真っ暗なので、チンチクリンは来てないようですが、暖房だけついてまして^^;
ありゃ~ ひでのが消し忘れで出かけちゃったなとか反省しつつ
コタツのスイッチ入れて足を突っ込むと…

な、何かがコタツの中にいる… 
ひでのの足で突っつかれたその何か
のそのそとコタツから這い出してきて

チンチクリン 「おかえり」

ひでの    「びっくりしたσ(^_^;)アセアセ... お前は猫かヽ(`⌒´メ)ノ」

それ以来、このチンチクリンの一人称は「ねこ」です(笑)
この一件、ちょっとかわいかったので、我が家への出入りをその後も許しちゃたのですが
調子に乗ったこのチンチクリンはずっと我が家にいついてます
これが第三の失敗^^;

しかも、いつの間にか母屋を乗っ取られましたが(/TДT)/あうぅ・・・・
スポンサーサイト
ランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 恋するサラリーマンへ
にほんブログ村


くる天 人気ブログランキング

リンク集
クリック募金
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセス
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。